Good Morning オーストラリア

<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

砂の城

PENTAX *ist D / SIGMA 18-50mm / TV 1/125  F5.6 露出補正0 ISO感度400
b0042293_23595119.jpg

こちらは、先月遊びに行ってきましたNOOSAでのひとコマ。御覧のとおり、そのまんま、砂の城でございます。プロが作ったもので、これ以外にも別バージョンのお城やドラゴンの砂彫刻など、実に様々な砂の彫刻を作っているようです。もちろん手で作ります。そしてそれらの作品はポストカードにして売られていました。ちょっと素敵だったので数枚入りのやつを購入しました。お値段ももちろん良心的です。現物はさすがにプロの作品。よく砂でここまで作りこむなと、うなるようなできばえです。壊すのが惜しいくらいです。日本ですと砂の城は最後は波にさらわれて海に溶けて消えてゆくといった感じですが、こちらの城はカナリ陸よりに作ってあるので波は絶対に来ません。

そして、この日はSeasonというレストランの前でこれら芸術作品を作っていました。どうやっているのかわからないのですが、海水をバケツに入れて砂と混ぜながら”3センチ大”くらいの砂のキューブを作り、それをひとつずつ積み上げながら削り、形を作ってお城を作成していました。一見するとセメントみたいですが、間違いなく砂です。おつりをもらうときにおにいちゃんの手の上からこぼれおちたキューブは砂浜の上に落ちたのですが、ポサッと崩れてしまいました。本当にデリケートな砂なんですね。また、このオブジェは夜になると多数のキャンドルでライトアップされ、とても綺麗です。夜に丁度満潮が来るらしく、昼よりも夜の方が海の波の音が大きくてよく聞こえます。そしてその音と波風に揺られたキャンドルのオレンジ色はなんとも幻想的な雰囲気をかもし出していました。自然と人間の創作がうまく融合して織り成す芸術と言ってもいいでしょう。

ちょうど海側に空間が開放されたレストランでは、夜の砂浜にキャンドルの光に照らされて揺らめくお城が見えて、客引きにももってこいな感じでした。実際お客さんも皆、この砂の城を眺めながら食事やお酒を楽しんでいたみたいです。もしかするとお店と契約をして特定の店の前で作っているのかもしれませんね。
[PR]
by istdgold | 2006-09-26 00:46 | オブジェ

真夜中の太陽?

PENTAX *ist D / SIGMA 18-50mm / TV 1/10  F3.5 露出補正0 ISO感度400
b0042293_23424616.jpg


こちらの真夜中の太陽のような、オレンジ色の物体は「かめはめ波」ではなく(笑)、先日のBrisbane Riverfestival 2006 のラストにBrisbane River上空を 超高速で駆け抜けていった、戦闘機 F111になります。轟音もさることながら、その尋常でない光と熱量には、もう圧巻と言うしかありません。川面の船が皆、そのアフターバーナーに照らされて、あたかもミニチュアの円谷プロ ウルトラマン撮影セットのように感じるから笑えます。

私のパートナーがデジカメで撮りました動画をあげております。生のショックは伝わりにくいと思いますが、よろしければご覧いただき、雰囲気だけでも何となくお楽しみいただければと思います。

Brisbane Riverfestival 2006
[PR]
by istdgold | 2006-09-09 23:54 | 風景

花火打ち上げ船

PENTAX *ist D / SIGMA 18-50mm / TV Bulb 5.0  F8.0 露出補正0 ISO感度400
b0042293_22344247.jpg


先日の土曜日は、1年一度のブリスベン名物!Riverfestivalでした。毎年ブリスベン川の広域にて花火打ち上げ祭りが催されます。テレビ中継も入りQLD Governmentのテコ入れもあり、カナリ豪華で気合いが入っています。自家用フェリーやボートでの川の上から花火を楽しむのが、お金持ちのステータスのようです。なので例年、前日の夜位から、花見の場所取りならぬ、花火の陣取りが これまた風呂敷ならぬ、フェリーを使って豪華に川の中で行われます。(この日は流石にいつもと比べ、船メチャメチャ多いです)。

夜19:00ジャストから30分くらいの間、上空にはテレビ中継のヘリが待機して、FMラジオのカウントダウンとともに、花火がBrisbane Riverの広範囲で連動して上がります。夜空が白く霞んでいるのは、画角には入ってませんが、あちこちで連発して上がっている花火から出た煙です。


PENTAX *ist D / SIGMA 55-200mm / TV 1/350 F9.5 露出補正0 ISO感度400
b0042293_22394493.jpg


そして、花火を機関砲からのミサイルのように連射していたのが、こちらの船になります。昼間にBrisbane Riverに何気なく お目見えしたのですが、思わずえっ?軍艦? と一瞬思ってしまいました(笑)。滅多に撮れなさそうな花火打ち上げ艦?だったので、レンズを200mmにかえて思わずパチリ。実は軍艦と思うのには理由がありまして、実はこのフェスティバルはオープニングとフィナーレの両方に、F111戦闘機 (飛行最高速度は M2.5) が、アフターバーナー全開状態で夜空を轟音とともに切り裂いて飛ぶ(しかも超低空)からなのです。それはもう、反則なくらい凄まじい音です(笑)。
[PR]
by istdgold | 2006-09-03 22:52 | 風景