Good Morning オーストラリア

<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

T-Shirts屋さん in NOOSA

PENTAX *ist D / SIGMA 18-50mm / TV 1/10 F3.5 露出補正0 ISO感度400
b0042293_0512831.jpg

NOOSAという海の綺麗なリゾートに泊りがけで行って参りました。何年オーストラリアに住んでても、やはり夏といえば8月という感じがしてしまう私は、今年の日本の夏が暑い暑いと聞くに付け、無性に夏っぽい雰囲気の海に行きたくなり、重い腰を上げて行く決心をしたのであります(笑)。

オーストラリアの東海岸にはBrisbaneを中心にコーストラインがあります。南のゴールドコーストと、北のサンシャインコーストですね。そのコーストラインの最北端の地、NOOSAという所に行ってきました。距離にすると大体 Brisbane から110kmくらいの所です。

そもそもNOOSAとはアボリジニー先住民の言葉で、隠れ家(Shady Place)という意味があるそうです。オージー達は、この隠れ家的な楽園を守るため、条例もパームツリーより高い高層建築を禁じたりして守っています。ゴールドコーストのようなイケイケどんどんな建物が建たないので同じ海のリゾートでも雰囲気は近代的なマンションや建築物が立ち並ぶゴールドコーストのそれとは一味違う雰囲気になります。

街の治安も比較的よく、お年寄りや中年カップル、または写真のような家族連れが多く、落ち着いた大人のリゾートといった雰囲気です。海外からのツアーとか旅行もあまり組まれてないのしょうか、アジア人が非常に少ないのも大きな特徴です。なので、<勝手にそう思ってるだけで、あちらさん はそんな風には思ってないのでしょうが>オープンカフェの前とか、出向く場所によっては、カナリ視線を浴びせられます。何なら軽い有名人気分が満喫?できたりもします(苦笑)。

ということで、今回も *istD にて色々と写真を撮ってきました。しばらくはNOOSAネタが続くかもしれません(笑)。海も綺麗でしたが、日が落ちる直前のお店やホテルのプールなどもリゾートっぽくて美しかったです。ちなみに このお店は主にTシャツを売っている見たまんまのお店のひとつです。日没時のネオンの赤が綺麗だったので思わずパチリ!
[PR]
by istdgold | 2006-08-30 01:05

SF的な灯りのある風景…

PENTAX Optio X / TV 1/10  F2.6 露出補正0  ISO感度160
b0042293_1123646.jpg

先日、15回目となるBRISBANE INTERNATIONAL FILM FESTIVALで北野監督のTAKESHIS'がエントリーされていましたので観て参りました。一昨年は座頭市がエントリーされており観てきました。彼の映画のシリーズは豪州でも大人気です。ただTAKESHIS'はさすがにコメディアン「ビートたけし」としての素性をあまり知らないオージーには、ちょいとばかりぶっ飛びすぎてたかも知れません(笑)。

その帰りがけに、明かりが灯っていたので まるで蛾のよう(笑)に? つい近くに吸い寄せらてしまいました。灯りをメインにしたインテリアのお店でしょうか? なかなか斬新でモダンな形の灯りがたくさんあって楽しいです。何となくハロウィーンのjack-o'-lanternを連想させる、もしく昔なつかしの紙風船を連想させるような灯りが目に留まります。でもどことなく近未来な感じもして来るから不思議です。周りは無人で真っ暗でしたが煌煌と灯りがついておりました。真ん中にある不思議な馬のような朱色の置物は何だろう?などとボーッと考えながら、はいパチり !
[PR]
by istdgold | 2006-08-17 01:33

夏の記憶・・・

PENTAX *ist D / SIGMA 18-50mm / TV 1/1500 F9.5 露出補正0 ISO感度400

b0042293_1851794.jpg


こちらはCityの中心部にある繁華街のあるデパートの入った建物の写真です。Brisbaneはこういった古い建物の外壁をそのまま残して、中に全く別のお店を入れる方式を結構取っていて、外観と中のお店なりオフィスなりが、予測不能な不一致状態になっていることが結構あります。この建物もTELEGRAPH NEWSPAPER COMPANYと看板は打ってありますが、今は全く関係ありません(笑)。面白いでしょ? でも私は こうした古めの建物を残すことで、外観に独特の雰囲気や味を残して継承する活用法に大賛成です。近代的なビルも多いですが、このような古めのデザインの建物も混在して多く残るのがBrisbaneという街の特徴でもあります。

そんなBrisbaneですが、最近冬の気配から大きく逸脱して 抜け出し気味です。徐々に抜けるというよりは、冬からいきなり、初夏、そして冬というような大雑把なシフトで季節を行ったり来たり・・・そして時折思い出したかのように初夏っぽい暑さになると、何気に空の色も夏を先取りした色合いをかもし出します。体力の消耗の激しい年末のお祭りムードへ向けて、ことしも暑い夏がそろそろやってくる気配です。覚悟を決めて夏を過ごし、夏を楽しむ・・・そんな決意?を決めるまで、あと少しだけ 夏を先延ばしにして今の気候を楽しみたい、そんな今日この頃。
[PR]
by istdgold | 2006-08-13 18:25 | 建物